Sai Masumi 崔 真淑 オフィシャルサイト

Sai Masumi 崔 真淑 オフィシャルサイト

information

information

最新情報はTwitter及びブログにて更新中!


about

about

Good News and Companies(グッドニュース アンド カンパニーズ ー 略称 GNC)
「個人や会社が成長するために有益」な情報やニュースをクライアントである皆様に届けたいと命名いたしました。
経済学を活用し、企業や社会がより良い方へ成長・変化(ソーシャル・チェンジ)していけるようにと、マクロエコノミスト・崔 真淑(さい ますみ)が立ち上げました。

代表プロフィール

代表プロフィール

崔 真淑

崔 真淑(さい ますみ)
マクロエコノミスト
日経CNBC 経済解説委員
昭和女子大学 現代ビジネス研究所 研究員
化粧品メーカー エイボン・プロダクツ株式会社 取締役
金融庁「若者の金融リテラシーを向上させるための研究会」メンバー

オフィシャルブログ
Twitter
NewsPicks

1983年三重県生まれ。2008年に神戸大学経済学部(計量経済学専攻)を卒業し、「経済のスペシャリストの世界に触れたい」と、大和証券SMBC金融証券研究所(現:大和証券)に入社。アナリストとして資本市場分析に携わる。当時最年少の女性アナリストとして、NHKなどの主要メディアで経済解説者に抜擢される。債券トレーダーを経験したのち、日本の経済リテラシー向上に貢献したいとの思いから2012年に独立。

経済学を軸に、経済ニュース解説、マクロ経済・資本市場分析を得意とするマクロエコノミスト・コンサルタントとして活動。特に①コーポレートガバナンスから考える人事と組織の経済学(社員のインセンティブ設計、企業価値を最大化するための最適な取締役構成等)、②インターネット時代の新しい経済学、③マクロ経済から考える人口減少時代の地域活性化策、というテーマに積極的に取り組む。

また、若年層の経済・金融リテラシー向上のため、東京証券取引所のPRコンサルティングなども手がける。2013年からは日経CNBCで最年少の経済解説委員として出演中。
2016年一橋大学大学院(MBA in Finance)修了。2017年4月からは一橋大学大学院イノベーション研究センターに所属し、組織のインセンティブ設計と資本市場の関連性についての研究を行う。

【出演】

【連載】

  • 日経ウーマン「崔真淑の女子とキャリアの経済学」(日経BP社)
  • ネットマネー「知りたがり女子の納得経済学」(産経新聞出版)
  • シティリビング「OL経済知恵袋」(サンケイリビング新聞社)
  • Mart「NEWSな言葉」経済アナリスト森永卓郎氏、経済学者安田洋祐氏とのリレー連載(光文社)

【研修及び講演】

  • 品川区しんきん協議会「経済格差から考える世界情勢」
  • 株式会社アドバンテスト役員及び重要顧客研修会講師「武器としての経済学」
  • 静岡県島田市役所中小企業向け経営者向け講演「~企業経営を巡るビジネス環境~」
  • 徳島新聞社「とくしま創生アワード2017」
  • 日経ウーマノミクスプロジェクト「今こそ、経済でジブン磨き~“スマート女子”に近づくために」
  • 内外情勢調査会

mission

mission

①「経済」や「資本市場」を分かりやすく、現代的で社会的意義のあるものとして若年層を中心に広める。
②経済学に基づいた企業・資本市場の専門知識を元に、クライアント企業の成長を支援する。
経済学を軸に、資本市場の活性化や企業活動の最適化を行いたいとGood News and Companiesを設立いたしました。 経済学とは、人・モノ・カネなどの有限資源の価値を生産し、最適配分をどう図るか?を研究するための学問です。その経済学を通じて、目の前の情報に短期的に左右されることなく物事を俯瞰して捉えることが可能になり、さらに社会の本質を見極めるための思考方法をより多くの方々に伝えていこうと思っています。

人と企業と社会 、それぞれにとってベストな選択を提案し、より良い社会を形成するための一端を担うのがミッションです。 私たちは経済学が社会の幸せに貢献するための学問であると信じています。

sevices

sevices

金融機関・資本市場関連業種さまの広告・PR活動などご相談ください。
「金融・資本市場」に馴染みの薄い層に、資本市場分析の知識と経験を元に、御社が伝えたいメッセージを的確に届けるための支援を行います。
クリエイティブエージェンシーとの業務提携により、プロデュース、プランニングやディレクション段階からプロジェクトの立ち上げから参加して、根本的な問題解決のお手伝いや効果的な広告/PR作成をさせていただきます。

広告関連企業さまには、企業分析の経験で培った定量分析に元づく、広告出稿予定である御社クライアントにとってベストな提案作成のお手伝いをさせていただきます。

メディア、講演団体さまには、 マクロエコノミスト崔真淑が、経済初心者様から経営者様まで幅広い層に、常に動き続ける経済をわかりやすく解説します。時事ネタだけでなくミクロな事例を用いりつつ、経済に馴染みの無い層への経済や資本市場の理解を深めるためのお手伝いをします。

コミュニケーションプランニング
コミュニケーションプランニング

金融系サービスを展開する企業、広告/コミュニケーションを考える広告代理店やクリエイティブエージェンシーに向けて、資本市場分析で培った定量的分析を元に、企業や地方自治体のコミュニケーションプランニングやマーケティングのサポートを行います。

過去実績

・東証ソーシャルかぶコン
株式投資や企業行動に興味をもってもらうためのプロモーションコンテストを企画から運営までプロデュースしております。
https://www.facebook.com/kabucontse/

・ネットバンキング、オンライン証券のプロモーション・アドバイス
利用者拡大に向けたプロモーションのアドバイザーを担当させていただきました。

経済学/マクロ経済/資本市場に関する講演・出演
経済学/マクロ経済/資本市場に関する講演・出演

マクロエコノミスト崔真淑が、経済初心者様から経営者様まで幅広い層に、常に動き続ける経済を把握するためのロジック/理論を説明します。時事ネタ、企業決算などミクロな事例を用いりつつ経済をわかりやすくお話します。
一般層向けコンテンツでは、視聴者と同じ視点に立って経済を解説します。
経済に既に馴染みのある層へのコンテンツでは、経済学/マクロ経済/資本市場をより詳細に解説します。

過去実績

内外情勢調査会「武器としての経済学~アベノミクスと私たちのビジネス環境」
中小企業経営者の方々を中心に、ビジネス環境の予測をするのに必要なロジックやマクロ経済見通しを解説。

経済学/マクロ経済/資本市場に関する講演・出演
経済学/マクロ経済/資本市場に関する講演・出演

マクロエコノミスト崔真淑が、経済に興味があるすべての人に向けて経済の魅力を解説します。たとえば、上場企業の社長様や多業種の専門家の皆様へインタビューを行い先方の魅力を経済目線で引き出したり、旬のニュースを取り上げながら経済学目線で解説する、など。経済専門媒体だけではなく一般媒体でも発信させていただいております。

過去実績
  • [TV]
  • NHK、NHK国際放送、千葉テレビ、神奈川テレビなど。

  • [ラジオ]
  • ラジオNIKKEI「マネー女子会」(2013年1月~2014年3月)

  • [雑誌・ムック]
  • OZ plus(スターツ出版)「わたしの未来予想図が変わる人生のお金の貯め方」
    『会社四季報』の読み方、使い方(宝島社)「プロの『四季報』活用法」
    仕事の教科書vol.4 人生が変わる!読書術(学研パブリッシング)「忘れた記憶を本で呼び起こす主要5教科書徹底学び直し!」
    日経マネー(日経BP社)「春からの稼ぎ方」
    シティリビング(サンケイリビング新聞社)「攻める“じぶん年金”のつくり方」

    その他、小学館、朝日新聞出版社、東洋経済新報社、など。

  • [新聞・通信社]
  • フィナンシャル タイムズ、ウォールストリートジャーナル、ロイター通信、ブルームバーグ通信、日本経済新聞、産経新聞、朝日新聞、共同通信

  • [セミナー]
  • 東京証券取引所 「東証・大証統合記念セミナー」
    東京証券取引所 「金融危機をチャンスに活かす」
    産業能率大学 「ビジネスの武器としての経済学」
    慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科公開講座 「ダイアログとデザインの未来Vol.8 経済の未来」
    SG FPパートナー愛知 「マクロ経済学の基礎とアベノミクス」
    特定非営利活動法人カット・ジェーピー 「サバイブするための経済学 全4回」
    慶応義塾大学 理工学部「理工学部の学生でも知っていなければいけない『ビジネスの現場で使えるマクロ経済学』」
    schoo「『経済学』でニュースを読み解く」
    マネックス証券「ゼロからわかる資産運用&すぐに役立つアプリケーション活用術」(Apple Store 表参道)

access

access

【住所】

〒107-0061
東京都港区北青山3-5-6 青朋ビル本館3F
株式会社グッド・ニュースアンドカンパニーズ

【電話番号】

03-4590-0216

【E-mai *ご依頼は、こちらまでお願いします。】

info@goodnews.jp.net